• ホーム
  • レビトラを飲まない方がいいとき

レビトラを飲まない方がいいとき

薬屋

ED治療薬は必要ないと思われるときは利用するべきではありません。
努力をしても十分な勃起力を得ることができない場合に利用するものです。
レビトラは即効性に優れており、あっという間に効いてくれるので特に若者から人気があります。
若者は体力に余裕があり、本来はEDになる可能性は低いですが、心因性のEDにかかる可能性は十分にあります。
若いと肉体疲労を感じにくいですが、精神疲労は中高年と同じように感じるものです。
むしろ若いほどストレス解消を苦手とすることが多く、ストレスを溜めやすいとも言えます。
疲労・ストレスによって勃起力が減退している場合にレビトラは効果的ですが、ED治療薬にいつまでも依存してはいけません。
服用しながらも生活は見直していき、用量を減らす工夫をしていきましょう。
最初は20mgを服用している方も、10mgに減量できるようにして、最終的に服用せずに勃起できるようにするべきです。
ある程度勃起力が回復してきたら、レビトラを服用するのをやめてみましょう。
いきなり中止することに抵抗があるなら、代わりに精力剤を飲んでみるのもいいです。
精力剤に即効性はありませんが、プラシーボ効果は期待できます。
人間はサプリを飲むと安心感が生まれて、効いていると錯覚してしまうのです。
精力剤を飲むことで自信が生まれて、そのままEDが治ってしまう方もいます。
レビトラは食事の影響を受けるので、食後の服用は避けるべきでしょう。
少し食べる程度なら特に問題ありませんが、高カロリー食を摂ってから服用すると効き目は激減します。
いずれにせよ少量と言えども影響は0ではないので、食後よりは食前に服用するべきでしょう。
レビトラの勃起力を確認してから食事をするなら問題ありません。

人気記事一覧
サイト内検索