• ホーム
  • レビトラの特徴とインド製のカマグラの特徴について

レビトラの特徴とインド製のカマグラの特徴について

カマグラはインド製のバイアグラのジェネリック品です。
バイアグラはED治療に処方される医薬品で在り、バイアグラのジェネリック品と言う事からもカマグラはED治療薬と言う事になります。

製造を行っているのがインドの会社なので、バイアグラのインド製ジェネリック品などとも言われていますが、カマグラにはインド国内で販売されている、カマグラゴールドと輸出用になっているカマグラの2つの種類が在りますが、

尚、バイアグラは錠剤タイプとなりますが、カマグラにはコップに水を入れてから錠剤を溶かして飲むタイプ、ゼリー状になっていて数種類のフルーツ味のタイプ、口の中で溶かして服用したり、噛んで服用するタイプなどが在り、バイアグラの場合は水と一緒に服用するのに対し、カマグラには幾つかの種類が用意されている事や、フルーツ味タイプが在ると言った特徴が在ります。

尚、インド製のED治療薬と言う事からも、日本国内での販売は未承認であり、個人輸入代行を行っている通販店で購入は可能ですが、日本にはレビトラと呼ばれているED治療薬が病院で処方可能になっています。

レビトラは水に溶けやすいと言う性質が在る医薬品で、日本国内で承認を得ているED治療薬の中では即効性が在ると言われています。

性行為の1時間前に服用する事で作用を期待する事が出来るのですが、空腹時であれば僅か20分程度で作用する事からも人気を集めています。

また、バイアグラの作用時間は5時間前後なのに対し、レビトラの20mgの錠剤の場合は倍の10時間作用と言う事からも、作用時間が長いと言う特徴も在りますし、レビトラの錠剤は国内で承認されている3つのED治療薬の中では最もサイズが小さいので、大きな錠剤が苦手と言う男性にも好評を得ています。