• ホーム
  • ドラッグストアで不買のレビトラやメガリスはネットで

ドラッグストアで不買のレビトラやメガリスはネットで

勃起した状態を十分に維持できない人や勃起不全の悩みを解決することができる薬は海外医薬品も含めて数多くありますが、日本でも製造と販売どちらも許可されているものは限られています。
レビトラは日本でも製造販売が2004年に許可され、販売が開始されたのは5mgと10mgが同年の6月からで、20mgの方は2007年7月からとなっています。

レビトラの有効成分はバルデナフィルとなっていて、空腹時に飲むことが望まれる薬で食後に飲んでしまうと効果が薄れてしまう可能性が高くなります。
性行為を行う1時間ほどの前のタイミングで服用し、空腹時であれば20分から30分ほどで効き始めてきます。
性的刺激を受けることで勃起状態となりその維持が期待できるようになり、10mgの薬で5時間程度薬の作用があります。

同じように勃起不全に効果が期待できる薬に、メガリスがあります。
メガリスは有効成分がタダラフィルです。
体質により効きやすい成分とあまり作用が起きない成分とがあるため、効果が感じられなかった人は主成分が違っている薬をセレクトして用いてみるべきです。
効果がないからと併用することは避けるべきで、血圧が下がったりめまいや頭痛など副作用を引き起こすことが考えられます。

ドラッグストアの店頭でED治療薬を選ぶのが恥ずかしい場合には、ネット通販の利用が適しています。
処方箋による販売を行っているネット通販もあるので、クリニックで処方箋をもらってきた人は購入の仕方を確認してくと良く、FAXやメールなどで処方箋を送付できるところも多くなっています。

レビトラやメガリスなどのED治療薬は、製造国も出荷国も海外ということが多くなっていて、品質の悪いものが届いてしまう可能性もありますから、信頼できるネット通販を利用すべきです。